ルール

ルール

車いすテニスは「ツーバウンド」以内で返球する以外は、一般のテニスとほぼ同じルールで行われる。
コートの広さ、ネットの高さ、ラケット、ボールすべてにおいて、一般のテニスと同様です。
主要な大会は国際テニス連盟(ITF)の管轄のもと正式なルールに則って運営される。
 ITFハンドブック2008版 日本語訳  
 ITFハンドブック2016版      
 JWTAトーナメント規則      

カテゴリー

Grand Slams

全豪・全仏・全英・全米

Super Series

Japan Open       

ITF 1 Series

ITF 2 Series

ITF 3 Series

神戸Open 
PeaceCup広島 

ITF Futures

大阪Open
北九州Open
仙台Open
神奈川Open     

ワールドチームカップ

国別対抗戦。年1回異なる国で、男女別、クァードとジュニア別で行なわれる。

車いすテニスマスターズ

シングルスとダブルスの年間車いすテニスツアー最後のイベント。
シングルス:トップ8人の男性・女性とトップ4人のクァード選手
ダブルス :ダブルスランキングの組み合わせで、トップ8の男性
     トップ4の女性とトップ4のクァード選手。
シングルス・ダブルス共に招待された選手のみ参加できる。

Q&A

クァード 基本的に四肢麻痺の選手が参加するクラス。
ニューミックス 車いすプレーヤーと健常者がペアになって行うダブルス。
車いすプレーヤーは2バウンド、健常者は1バウンド以内で返球する。
タイブレーク どちらかが7ポイントを取った時点でセットを獲得する。ポイントが6対6になった場合はその後、2ポイント差がつくまで続けられる。
ポイントが6の倍数になったときにチェンジエンドを行う。
マッチタイブレーク どちらかが10ポイントを取った時点でセットを獲得する。
他はタイブレークと同様。